【越谷】WEBサイト作成をお得な料金で業者依頼! WEBサイトを放置するリスク

WEBサイトは、常に新鮮な情報が記載されていてこそ価値があります。作成したままで放置されているサイトは、訪問したユーザーに不信感を与えてしまい、結果として競合他社にユーザーが流れる要因になります。

もし作成したまま放置しているサイトがあるなら、早めにリニューアルをしてユーザーが安心して訪問できるサイトを作成しましょう。

こちらでは、WEBサイトを放置するリスクとリニューアルの際のポイントを、越谷でWEBサイト作成を行っているconfidentが紹介いたします。

WEBサイトを放置するリスクとは?

置かれたままのパソコンと小物

ホームページをとりあえず作成してみたけれど、更新はほとんどしていない……という放置されているホームページはたくさんあります。ホームページは本来、作成してからがスタートです。

放置していると発生するさまざまなリスクを見ていきましょう。

記載している情報の信用度が下がる

ほとんど更新されていないホームページの情報は、たとえ事実が記載してあったとしても、本当に正しい情報なのかと疑われる可能性が高いです。

何か調べようとしているときは、最新の情報を知りたいと考える人が多いでしょう。行きついた先のホームページの情報が古いままだと、ほとんどの人は本当に信用していいのか不安になります。情報が古いと信用度が下がるのは、ホームページを放置していたら当然のリスクです。

商品・サービスの質が悪く見える

放置されているホームページは、会社の信用度を下げるだけでなく、提供している商品・サービスの品質までも低く感じさせます。

放置されているホームページが経営状態の悪さをイメージさせ、品質の悪さに結び付くのです。特にネットショップの場合は、機会損失につながりやすくなります。

検索順位が下がる

Googleには、ユーザーに新鮮で信用できる情報を届ける、という使命があります。古くて信用できない情報を届けるようなことがあれば、Googleの存在意義を問われかねないでしょう。

情報が古いというだけでGoogleからの信用は失われ、検索順位も下がります。今は何でもインターネットで検索するのが当たり前の時代です。検索結果で出てこなければホームページの意味がありません。

そのため、放置しているホームページは検索順位が下がり、誰にも見つけてもらえないサイトになる可能性が高いです。検索結果で上位を目指すためには、最新の情報を記載する、新しいコンテンツを記載するなどして評価してもらう必要があるのです。

競合他社にユーザーが流れていく

訪問してくれたユーザーがいても、放置されているホームページでは求めている情報がない、と判断すると一度検索結果画面に戻るでしょう。そこで次に行うのは、競合他社のホームページへの訪問です。

そしてそれぞれの会社を比較し、より情報が新しいホームページがある競合他社へとユーザーが流れていきます。自社のアピールをするためのホームページが、無意識のうちに別の会社の評価を上げてしまっているのです。

よい人材が集まらない

優秀な人材確保のため、ミスマッチを防ぐために採用サイトを作ることも定番になりつつあります。求職者側も、その企業が安心して働ける会社であるかどうかを判断するためにホームページをチェックしているでしょう。

古い情報やデザインのホームページのままで求人を出しても、求職者に対してよい印象を与えづらく、他の企業へ優秀な人材が流れてしまいます。

WEBサイトをどのようにリニューアルしてよいのかわからない場合は、WEBサイト作成業者に相談するのがおすすめです。

WEBサイト作成を承る越谷のconfidentでは、WEBサイトのリニューアルのご相談も可能です。お得な料金で依頼できる越谷のWEBサイト作成をお探しの方もお気軽にお問い合わせください。

リニューアルする際のポイント

ノートに浮かぶポイントの文字

WEBサイトをリニューアルするポイントは以下のとおりです。

デザインを更新する

サイトのデザインは、時代の流れとともに古臭さが出てしまいます。

常に流行最先端である必要はありませんが、ブラウザによって表示が崩れる、見栄えが悪い、スマホに対応していないというようなデザインはリニューアルで更新しましょう。

サイトの構造や設計を見直す

リニューアルの定番は新しいコンテンツの追加ですが、必要に応じて縮小するコンテンツを検討するなどサイトの構造・設計を大幅に見直すことも考えなくてはいけません。大幅な見直しによってより見やすくわかりやすいサイトにリニューアルできます。

機能や構造を改善する

メンテナンスをせずに放置していたサイトは、内部的な問題が発生しているはずです。SEO対策ができていない、ユーザーにとって使いにくい導線になっている、HTMLを書き換えないと更新がしにくい、などさまざまな問題が発生していると、根本的な見直しが必要になるでしょう。

問題点や改善するべき点をよく検討する

売上が上がらない、ユーザーのアクションが見込めないなどの問題は、リニューアルで改善が期待できる可能性が高いです。ただしむやみなリニューアルではなく、現状発生している問題点や改善することによる見込みを検討したうえで、戦略的なリニューアルを行いましょう。

越谷のconfidentは、WEBサイト作成を行う業者です。お得な料金で依頼できると多くの方にご依頼をいただいております。

WEBサイト作成をご検討の方、数年前に作成したWEBサイトのリニューアルをご希望の方は、越谷のconfidentまでご相談ください。

WEBサイト作成・リニューアルを業者に依頼! 料金相談も可能な越谷のconfident

会社のために作ったWEBサイトでも、放置しておくことで発生するリスクは多く、会社に悪影響を与える存在になりかねません。WEBサイトは作成したら終わりと思っている方が多いのですが、大切なのは作成してからいかにコツコツとコンテンツを更新しながら続けていけるかです。

放置していたWEBサイトには大きな修正・見直しが必要になるケースも少なくありません。その場合には、WEBサイト作成業者への相談をおすすめいたします。

リニューアルをお考えの方は、越谷のconfidentへご相談ください。いくつかの出版社(版元)で20数年、書籍・雑誌の編集者として勤務していた経験を活かし、越谷周辺企業様のWEBサイト作成を行います。料金に関するご相談も随時承っております。

WEBサイト作成・リニューアルをお考えなら料金相談も可能な越谷のconfidentへ

社名 株式会社 confident(英文表記 confident inc.)
代表取締役 鴨 英幸
創業 2018年10月1日
設立 2021年2月5日
資本金 1,000千円
住所 〒343-0817 埼玉県越谷市中町8−2 たぶの木の家103号室
電話 080-3484-0823
メール hide@confident-inc.jp
URL http://confident-inc.jp/
事業内容
  • 企業・個人のデジタル化支援業務
  • ウェブサイトの受託開発・企画・構築・運用
  • IT・デザイン関連書籍の企画、編集、製作、出版および販売事業
  • 紙媒体の記事ライティングおよび企画・編集業務
  • インターネット等の通信ネットワークおよび電子技術を利用した各種情報提供サービス並びに情報収集サービス
  • 人材の育成、職業適性、能力開発のための教育およびカウンセリング業務
  • 各種イベントの企画および運営の請負
  • 音声および映像のソフトウェアの企画、制作、販売並びに賃貸
  • 電子出版物の制作、販売および仲介
  • 写真業および印刷業
  • 通信販売業務
  • 広告代理業および各種の宣伝に関する業務
  • 上記に附帯関連する一切の事業